ブレーキダスト汚れについて

LINEで送る

お世話になっております。

ガラスコーティング専門店NOJ埼玉店です。

本日ご紹介するのはホイールコーティングについてです。

さて、ブレーキ性能だけを考えるとブレーキローターやキャリパー、ブレーキパッドなどなど挙げるとキリがなくなってしまいますが・・・。そんな足回りの強化を行うと必ず出てくるダスト問題。

勿論、国産・外車問わずダストはほぼ必ず発生します。近年の車はディスクブレーキという、主にディスクローターとブレーキパッドで構成されています。ディスクローターとブレーキパッドが接触することで制動する仕組みです。では、何故ダストが出るのか?

それは、ディスクローター・ブレーキパッド共に金属で出来ています。金属同士の摩擦が起きることによって削れていき、削れたものがホイールに付着しブレーキダストと言われるものが出来るわけです。簡単に言えば金属粉です。

ではどうすれば防げるのか、低ダストタイプのパッドに交換・・・という手もありますが、現在の所全くダストが出ないものというのは私の知る限りではありません。

では、出てしまったものをどうすればいいのか?

いわゆる金属粉とご説明した通り、削れてすぐの場合ですと金属も冷えていませんので比較的すぐに除去する事が可能です。

ですが、放置が長い場合は粉が冷えて固着し、取りづらくなってしまう場合が多いです。

そこで、お勧めなのがホイールコーティングです。コーティングの上に金属粉が乗っている状態になりますので、よりダストを除去しやすくなります。

新品の段階で施工するのが一番美しく維持できますが、もちろんお気に入りの長年履き続けているホイールでも大丈夫です!

埼玉店では、鉄粉除去剤などを使用し固着してしまった部分もきちんと除去させて頂きホイールの汚れを除去してからホーイルコーティングさせて頂いております。

 

ブレーキダストでのホイール汚れが気になる!という方は是非ご相談ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□

ガラスコーティング専門店 NOJ 埼玉店

10時~18時まで営業
定休日:木曜

〒336-0026

埼玉県さいたま市南区辻1-29-2

info@noj-saitama.com

048-764-9255

電話受付は365日
9時~22時まで対応させていただきます

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です